登記申請は、登記書類を管轄法務局に持参する方法のほか、郵送による方法でも行うことができます。

提出先である管轄法務局を確認してください

登記申請は、本店所在場所を管轄する法務局に提出します。 管轄法務局ではない法務局に提出した場合、登記は却下されてしまいますのでご注意ください。 なお、GVA法人登記で作成された登記書類には、自動で管轄法務局が記載されますので安心です。

管轄のご案内:法務局

登記申請書の郵送方法

普通郵便でも問題ありませんが、可能な限り到達の確認が可能な書留等で送付することをおすすめいたします。 また、封筒には「登記申請書在中」と明記してください。

かんたん郵送パックなら

オプションプランである「かんたん郵送パック」をお申し込みいただいた場合は、 GVA法人登記で作成された登記書類と一緒に、法務局に提出するためのレターパックをお送りします。

GVA法人登記で作成された登記書類に、付箋にて押印する場所をご案内いたします。
押印する印鑑の種類も記載してあり、さらに管轄法務局の宛名も記載しておりますので、管轄を間違うことなく登記申請することができます。

【GVA 法人登記 でらくらく登記申請】

GVA 法人登記は、必要情報を入力することで登記申請に必要な書類が最短7分で自動作成できる便利なオンラインサービスです。法務局に行かずに申請できる郵送申請もサポートしておりますので、ぜひご利用ください。アカウント作成はこちら


freee登記をご利用のお客様へ

freee登記では、運営をGVA TECH株式会社(GVA 法人登記)に委託しているため、本ヘルプサイトの表記は「GVA 法人登記」となっております。

Webサイトの操作方法や機能について違いはありませんので、freee登記をご利用のお客様も本ヘルプサイトの内容をご参考ください。

回答が見つかりましたか?